お風呂上がりのような匂い

リビドーロゼは、お風呂上がりに似た香りがする特徴があります。

元々お風呂上がりの匂いを元に開発された香水で、様々なフレーバーを独自の比率で配合し、独特のフローラルな香りを実現しています。

若干フルーティーさも残る匂いは、本当にお風呂上がりの匂いに近いと利用者に評判です。

具体的には石鹸のような匂いとも表現されますが、女性らしさを引き立てる香りになっています。

石鹸

癖がほとんど無いため、香水が苦手な方でも使いやすい匂いと言えるでしょう。

時間が経つにつれ匂いが変化する

また、リビドーロゼはつけてから時間が経過すると、少しずつ匂いが変化していきます。

一般的な香水も匂いは変化しますが、徐々に匂いが薄れていくのみで、変化を楽しむことはできません。

極端ですが、一つの匂いしか楽しめないのが欠点と言えます。

しかし、リビドーロゼの場合は少し異なり、時間が経つにつれて匂いが変化します。

例えばつけたばかりの頃はフルーティーな果物のような匂いですが、その後はフローラルな匂いへと変わり、最終的にムーディで官能的な匂いへと変化していきます。

トップノートからラストノートまで、様々な匂いへと変化していくのがリビドーロゼの特徴です。

持続時間は短めですが、計算されて作られているため、事前につける時間を判断して使用できます。

リビドーロゼは4種類の香りがある

4種類

リビドーロゼは、大きく分けて4つの香りを楽しめます。

苦手な香りがある方でも安心して使えますので、好みのものを選ぶと良いでしょう。

一番人気はロゼで、少々甘めのフローラルな匂いになっています。

最後は官能的な香りへと変化するため、悩んだらロゼを選ぶと良いでしょう。

ホワイトローズはロゼの甘い匂いを更に強くしたのが特徴で、香りの持続時間も長いのが魅力です。

甘い匂いが好みの方には一番おすすめと言えます。

3つ目のストロベリーは、少し大人っぽい雰囲気のトップノートが楽しめます。

徐々に匂いは落ち着いていきますが、癖が無い爽やかな匂いになっています。

そしてローズピーチは爽やかな中に甘みの効いた匂いです。

ピーチのほのかな甘みが上品で、大人っぽさを演出してくれます。

リビドーロゼの4つの匂いはそれぞれ特徴が異なります。

ぜひ自分好みの匂いを選んでみてはいかがでしょうか。